メタボリックシンドロームは合併症しやすい
精油

メタボリックシンドロームは合併症しやすい

メタボリックシンドロームといわれて即、病気で苦しむ、という事はありません。
メタボリックシンドロームであるという診断を受けたら、その症状に応じてお薬の処方が必要であれば、お薬が処方され、生活習慣や食生活の改善を行う必要があれば、その指導の下、見直しを行っていけばいいのです。

でもメタボという状態を放置してしまった場合、その先に病気という可能性が見えてきます。
内臓脂肪が蓄積しているということはもちろん血液中にも余分な脂肪が存在します。
メタボの診断には、脂質異常があるかどうかという診断も含まれていますが、血液中の中性脂肪が多くなったり、HDLコレステロールが少なくなってしまうため、血液成分が悪くなるため診断の中に脂質異常が含まれています。

血液に脂肪が多くなると血管壁にへばりつき血管壁が厚くなり動脈硬化を引き起こす危険性があります。
また動脈硬化によって流れにくくなった血液が血栓となり心臓や脳などに流れてしまえば心筋梗塞や脳卒中などになってしまいます。
このほかにも血液の凝固障害なども引き起こしますし、肝臓への脂肪蓄積が多くなれば脂肪肝から肝硬変、しまいにはがんに移行してしまう可能性もあるのです。

つまり、「合併症」というリスクを多数持っているのがメタボリックシンドロームという事になります。
今苦しむことはなくても、将来苦しむどころか自分の命を短くしてしまう事も考えられるメタボリックシンドロームです。
生活習慣の見直し等でしっかり改善していくことが必要です。

このページの先頭へ