いつの間にかメタボリックシンドローム
精油

いつの間にかメタボリックシンドローム

太っていない人でも内臓脂肪がたっぷりついている事がある、という話を、テレビなどでも聞くことがあります。
全く太っていない、いえ、逆に痩せている状態なのにどうして内臓脂肪が?と感じますが、太っている、痩せているという見た目に限らずついてしまうのが内臓脂肪、なってしまうのがメタボリックシンドロームです。

体の筋肉の外側に脂肪がつく、というのが通常の肥満ですが、メタボリックシンドロームの場合、体の中、内臓に脂肪がついて肥満になってしまうという症状です。
痩せている方でも他の部分に比べておなかがポッコリしている、という状態の場合、内臓脂肪がついていることが考えられます。

今までと同じ食事内容で同じ生活を送っているのだから、何も変わるはずがないと思っていたのに、いつの間にかメタボリックシンドロームになってしまっているという事が多いのでたちが悪いのです。
内臓脂肪が多くなり体のあちこちのその弊害が出てきて初めて、自分がメタボリックシンドロームだった、という事に気が付く方も少なくありません。

お腹周りが特に変化しますが、年齢を重ねていくと次第に腰回り、お腹周りに脂肪がつくのは仕方ない・・と思っている方も多く、内臓に脂肪がついて体の中の奥底で悪さをし始めていることに気が付かない人もいます。
血液内容などをしっかり把握するために健康診断を受けて、自分がメタボリックシンドロームになっていないか、自分の体を把握する事がとても重要です。


このページの先頭へ